魚津寒ハギ(ウマヅラハギ) | 越中とやま食の王国

イベントメニュー表示

取組みメニュー表示




富山食ブランド

魚津寒ハギ(ウマヅラハギ)

市場価値が高まるウマヅラハギ

「蜃気楼の見える街」として知られる魚津市。その観測点の魚津港では、冬になるとウマヅラハギが大量に水揚げされます。
ウマヅラハギは、頭部が長く顔が馬面に似ていることから「馬面カワハギ」と呼ばれ、全身が10~30センチの長楕円形、北海道以南の日本各地で漁獲されます。
富山湾では12月~3月にかけてよく獲れ、全漁獲量の5~6割程度が魚津港で水揚げされます。ピークは1~2月の厳冬期。この頃になると、体長25センチ以上ある大物が網にかかります。
ウマヅラハギは全身がぶ厚い皮で覆われており、その皮を剥ぐと中から柔らかな白身が現れます。肉質はクセがなく淡泊。食感はプリプリとして、歯ごたえがあります。肝には濃厚な旨味があり、珍味として重宝されます。近年はフグに匹敵する味わいがあるとして、市場の評価が高まっています。

今は人気者、しかし昔は…

富山湾の漁師にとって、ウマヅラハギはちょっと厄介な魚です。全身を覆うぶ厚い皮の表面には、小さな棘のような鱗が無数にあります。これがヤスリのようにザラザラしているため、網の中で他の魚を傷つけるのです。また、頭部の棘のような背びれが1本突き出ており、これが他の魚や漁師の手に刺さってとても痛いのです。調理するにも、ぶ厚い皮を剥ぐのが手間という理由で、人気がありませんでした。このため1尾ではなく1箱単位で売られ、主に水産加工用に出荷されてきました。そのような不人気ぶりから、ネコも食べない「ネコまたぎ」と呼ばれていたエピソードもあります。
干し物などの加工品として、あるいはみそ汁や煮付けなどの家庭料理に使われることがほとんどでしたが、刺身で食べられるようになって、その価値が、見直されるようになりました。
漁獲後にすぐ血を抜く活け締め技術の向上により鮮度を保つことが容易になったことや、九州地方の養殖業者がその味わいを全国へ売り込んだことが、人気向上の背景にあります。東京都内の寿司店ではおいしい寿司ネタとして扱われるなど、最近はその価値が見直されています。

魚津寒ハギとしてデビュー

このような人気を追い風にして、魚津市ではウマヅラハギを地元のブランドにしようと活気づいています。活動の拠点として、漁協、魚商の両組合と行政が「魚津おさかなブランド化協議会」を設立。ブランド化を進めるために、ウマヅラハギを「魚津寒ハギ・如月王(きさらぎおう)」と名づけて、高級プレミア商品としました。漁協や魚商は品質管理を徹底し、行政は関係機関と連携して新たな流通経路を開拓。魚津市内のお食事処では、魚津寒ハギを使った新メニューが開拓され、地元住民も魚津寒ハギの新しい魅力に触れています。 また今年魚津漁協では、地元魚津の魚津城からイメージを得た、魚津寒ハギの妖精「魚津寒ハギさむらい 如月王たん」がイメージキャラクターとして誕生しました。今後、冬場を中心として、様々なイベントで活躍するでしょう。
これまで大量に漁獲されてきたにも関わらず、評価の低かったウマヅラハギ。ようやくおとづれた人気の波にのって、「魚津寒ハギさむらい 如月王たん」と共に、これからは2月の王=如月王という名の特産物として飛躍することが期待されます。魚津港の近くの海の駅「蜃気楼」で、ぜひ獲れたての魚津寒ハギをお求め下さい。
※詳しくはJF魚津HPへ
http://www.jf-uozu.or.jp/uob/index.html

いろいろな呼び方

ぶ厚い皮を剥いで調理する魚は、一般的に「カワハギ」と呼ばれます。菱形をしたカワハギも面長なウマヅラハギも、フグ目カワハギ科の魚を富山では一緒くたに「カワハギ」と呼ぶ傾向があります。
この「カワハギ」には様々な俗称があります。「バクチコキ」は、調理の際に皮を剥がされることが賭博に負けて身ぐるみはがされる姿に重なるためと言われます。また、黒っぽい体色や体型から「コウモリ」、皮を剥いだ身がつるつるなので「マルハゲ」、眼の上に1本の棘があることから「ツノギ」など、地域によって様々な俗称があります。それだけに、暮らしに身近な魚であることが伺われます。

一覧を見る


アイコン富山食ブランドカテゴリー一覧

  • サンプル画像

    特産の匠(とやま食の匠)

    富山県の農林水産物の生産や加工に関する卓越した知識や技能を保有する匠が、とやまの特産品の魅力を伝えます。

  • サンプル画像

    とやまの特産品MAP

    富山が生み出す数々の特産品・名産品が、イラストマップでわかる。

  • サンプル画像

    ふるさと認証食品

    皆様が食品を選ぶ目印に。富山ならではの味、安全で安心な食品、県の認証を受けた良い品「ふるさと認証食品」をご紹介。

  • サンプル画像

    地産地消お買い物スポット

    よってかれ富山。とれたてキトキト、富山のおいしいが買える、富山県内の特産品販売スポットをご紹介。

  • サンプル画像

    地産地消「とやまの旬」応援団

    全国で地産地消への期待が高まるなか、積極的に取り組む企業・団体、個人を「とやまの旬」応援団として募集しています。




アイコンカテゴリー一覧

ふるさと認証商品(Eマーク)

地産地消「とやまの旬」応援団

特産品マップ

アイコン食の王国ランキング

  1. 特産品マップ 739 views
  2. 伝承の匠が教える伝統郷土料理 490 views
  3. とやま牛 478 views
  4. ゲンゲ 439 views
  5. とやま牛 364 views
  • 「りんご」と「ゆず」どっちが食べたい?

    結果を見てみる

    読み込み中 ... 読み込み中 ...

アイコン今月のプレゼント

「富のおもちかえり(氷見牛の昆布じめ)」を3名様にプレゼント!

応募締切り:
2017年12月31日(日)
※当日送信分有効
富のおもちかえり(氷見牛の昆布じめ) 応募する
グルメマップ 食のイベント情報

ジャンプボタン