富山県産ポークのソテーと地元産旬野菜のエチュベ、そら豆 | 越中とやま食の王国

イベントメニュー表示

取組みメニュー表示





富山レシピ

食の匠が教える新富山料理

富山県産ポークのソテーと地元産旬野菜のエチュベ、そら豆

ジャンル:
主菜
種別:
肉料理
調理方法:
焼く

脂がのった県産ポークを、焼くだけで簡単に調理できるソテーに仕上げます。
その際に、旬を迎えた5~6種類の地産野菜を集め、ポークを焼いた同じフライパンを使ってエチュベ(蒸し煮)にします。同じフライパンを使うことで、肉の旨味が野菜に溶け込み、美味しさが凝縮されます。
お皿に添えるソースは、野菜の旬と彩りを考えて、えだ豆などを使うのもよいでしょう。

材料4人分

県産豚ロース
120g×4切れ
かぶら
1個
グリーンアスパラ
4本
深層水トマト
2個
なす
2個
すぐり人参
適量
スナップエンドウ
適量
サラダ油
少々
バター
適量
ブイヨン(又は水)
100cc
白ワイン
少々
<そら豆のソース>
タマネギ
40g
ニンニク
3g
そら豆
100g
バター
少々
ブイヨン(又は水)
50cc
生クリーム
50cc

作り方

1
野菜を適当な大きさにカットします。ソースに使う野菜は、みじん切りします。
2
フライパンにサラダ油を入れて、豚ロースを焼き上げます。9割方焼けたらアルミホイルで包み、グリルまわりなどの温かい場所に保管します。
3
フライパンにバターを加えて、野菜を軽く炒めます。表面に焼き色がついたら、白ワインとブイヨン50ccを加え、蓋をして野菜に火を通します。
4
野菜を取り出し、残りのブイヨン50ccとバターを加えて味を整えます。
5
別の鍋でみじん切りしたニンニクを炒め、タマネギ、そら豆を加えます。全体がなじんだら、ブイヨンと生クリームを加え、少し煮込んで味を整えます。
6
豚ロースをカットして、(3)の野菜とともに皿に盛りつけます。(4)のソースを回しかけ、(5)のソースを添えます。

昭和11年に建てられた歴史ある建造物「富山電気ビル」で営業する、県内屈指の歴史を誇る洋食レストラン。昼は昔ながらの味わいを守る洋食を、夜は和洋のコース料理が楽しめる。夜は予約が必要。
※ 創作の匠は「食の匠/創作の匠」でも紹介されています。

富山電気ビルレストラン

  • 料理長:斉藤 昌泰さん / 富山市桜橋通り3-1 電気ビル4F
  • TEL076-432-4111営業時間11:30~14:30、17:00~21:00(予約制)   休日無休


アイコン富山レシピカテゴリー一覧

  • サンプル画像

    食の匠が教える伝統料理

    富山の食文化を伝承する「伝承の匠」が、県産食材を活用した伝統的な郷土料理をお伝えします。

  • サンプル画像

    食の匠が教える新富山料理

    県産食材や加工食品の創作について卓越した知識や技能を有する「創作の匠」が、新しい富山の味を教えます。

  • サンプル画像

    おうちでできるプロの味

    プロの料理人の方に富山の特産品を使ったレシピを取材しました。ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

  • サンプル画像

    カンタンとやまクッキング

    お子様と一緒に富山の味覚を楽しみませんか?お料理がちょっと苦手な方やお料理初心者の方にもオススメのレシピです。

  • サンプル画像

    富山流早うまスイーツ

    簡単なのに本格的!県産食材を使った、家庭でできる富山流スイーツレシピをご紹介。



  • 「りんご」と「ゆず」どっちが食べたい?

    結果を見てみる

    読み込み中 ... 読み込み中 ...

アイコン今月のプレゼント

「平成29年度富山県産コシヒカリ5kg(ひぞっこ倶楽部)」を5名様にプレゼント!

応募締切り:
2017年10月31日(火)
※当日送信分有効
平成29年度富山県産コシヒカリ5kg(ひぞっこ倶楽部) 応募する
グルメマップ 食のイベント情報

ジャンプボタン